Loading
(株)マイスタリン・社長ブログ

BLOG

花束写真と光源

マイスタリンのアトリエを引っ越してからというもの。。。

作業空間は改善されて良くなったのですが、撮影環境がかなり悪い(T_T)

以前の写真と比べると全然ダメで、色々と環境を変えて試行錯誤しているものの

ラッピングを終えて発送までに、写真を撮れる時間的な余裕はほとんどなく

撮影に時間をかけることもできず、いい写真がとれなくて悶々としていたのですが

ここは思い切って、室外へ進出!

季節的に外気温が高いので、太陽が陰ったころ、直射日光は駄目、超高速で瞬時にとるなど

条件は難しいのですが、やっぱり花は自然のものですね~ 

太陽の下での撮影が一番いい表情をしてくれます。自然光に勝るものなし!

室内で、苦労してとった花束 ↓(いろんな調整をしたなかで、ましなものをチョイス)

室外で、オートでとった花束 ↓ (ただシャッター押しただけ)

上の2枚は同じカメラですが、花の表情が全然違って見えますよね~

ヨリで花だけをズームするとこんな感じ。時間がなかったのでコンデジ押しただけ。

花の書籍等の編集をしていたころは、ほぼ毎日プロのカメラマンと一緒に仕事をしていたので

必然的に撮影する際のテクニックやポイントを雑談的に教えてもらいながら

仕事を通じて、写真撮影の現場を体験的に学ばせてもらってきたのですが

そういえば・・・

時間帯による太陽の角度、方位、光の柔らかさや、日差しの表現する空気や温度などなど

太陽の表現力にも、細かくこだわられていたなあ・・・と、太陽光の力をふと思いだしました。

太陽の色って季節によっても違いますよね。おてんとさまはすごい。

もう少し涼しくなったら、野外撮影の研究をはじめてみようと思います!

花束通販プロポーズフラワー https://proposeflower.jp/man.html

関連記事

  1. 燃えるような赤

    2008.05.01
  2. 花筏・高瀬川

    2009.04.10
  3. クワトロッソ

    2010.04.23
  4. 清明と桜

    2011.04.05
  5. プルメリア

    2012.07.01
  6. ハイビスカス

    2012.07.17

月別アーカイブ

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP