Loading
(株)マイスタリン・社長ブログ

BLOG

花の雨

花の雨。桜の咲くころに桜に降り注ぐ、今の季節の雨に使われる風流な日本語。

花が雨のように降るのではなく、雨が桜に降り注ぎ背景に桜の淡いピンクがふんわりと感じられる雨の景色のこと。

桜が咲く前に散ってしまわないか、満開はいつだろうと、はらはらしながら雨空を眺めるのが、

昔からの日本の風情。日本を代表する国花さくら。

桜は散りゆくからこそ美しい・・・有終の美。

鮮やかに散る、散り際の美しさを愛でる桜は武士の美学。武士にたとえられるお花です。

それにしても、桜の花が満開になるころ必ずと言っていいほど雨が降りますね~

風流でなくていいので、花見に行く日は晴れてくれ!!

花より団子を愛でる、花職人のマイスタリンです。/~

関連記事

  1. 2008.04.20
  2. 赤いスイトピー 

    2009.04.09
  3. 造幣局の通り抜け

    2008.04.16
  4. クワトロッソ

    2010.04.23
  5. 大阪城梅林 ,2012

    2012.03.21
  6. 燃えるような赤

    2008.05.01

月別アーカイブ

記事カテゴリー一覧

PAGE TOP